観るサル 聞くサル 言うサル

最近観た映画や本についてのブログです。「観るサル」(映画館篇)では映画館で観た映画「観るサル」(家篇)ではテレビやDVDなどで観た映画「読むサル」では本について綴っていきます。
<< 「もう生まれたくない」読むサル | main | 「パーティで女の子に話しかけるには」観るサル(映画館篇) >>
「希望のかなた」観るサル(映画館篇)

JUGEMテーマ:映画

「希望のかなた」監督:アキ・カウリスマキ 出演:シェルワン・ハジ サカリ・クオスマネン

 

 内戦から逃れ偶然辿り着いたフィンランドで生き別れの妹を探すシリア人青年カーリドと、彼を手助けすることになる、酒浸りの妻と仕事を捨てて従業員付飲食店を手に入れ新しい人生を始めようとする初老の男ヴィクストロムの物語。

 この監督の作品らしく、今作でも登場人物達は淡々とあまり表情を変えずに悲しみや喜びややるせなさの中にいて、その独特なテンションがクスリとした笑いを誘う。

 カーリドがさらされている危険を過小評価して難民と認めない入国管理局や、外国人を差別して暴力で排除しようとする男達など、この作品で描かれる悪を一言で言うと、“不寛容”ということになるのだろう。

 難民仲間やホームレス、行き場が無さそうなヴィクストロムの店の従業員達など、弱者であるはみ出し者達の優しさが心に沁みる。

 成り行きで全てを受け入れていくことになるヴィクストロムが、無表情なおじさんなのだけど、頼れるヒーローに見えてくる。

 不寛容に潰されるのか、優しさに救われるのか、ラストのその先が気になった。

| 観るサル(映画館篇) | 18:52 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 18:52 | - | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
日菓のしごと 京の和菓子帖
日菓のしごと 京の和菓子帖 (JUGEMレビュー »)
日菓(内田美奈子+杉山早陽子)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE