観るサル 聞くサル 言うサル

最近観た映画や本についてのブログです。「観るサル」(映画館篇)では映画館で観た映画「観るサル」(家篇)ではテレビやDVDなどで観た映画「読むサル」では本について綴っていきます。
<< 「モモコとうさぎ」読むサル | main | 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」観るサル(家篇) >>
「万引き家族」観るサル(映画館篇)

JUGEMテーマ:映画

「万引き家族」監督:是枝裕和 出演:リリー・フランキー 安藤サクラ 松岡茉優

 

 都会に埋もれた古くて狭い一軒家で、おばあちゃん・初枝の年金を頼りに万引きなどの軽犯罪を繰り返しながら暮らす治と信代、息子の祥太と信代の妹・亜紀の5人家族の柴田家。ある寒い冬の夜、いつも団地の廊下に締め出されている幼い少女・ゆりを見かねた治が家に連れ帰ったことから、6人になった柴田家のさらに危うい生活が繰り広げられていく物語。

 初枝がせっせとゆりの世話を焼きながらみんなで一つの鍋をつついたり、祥太が押し入れを自分の部屋代わりにしていたり、貧しいけれど家族がギュッと身を寄せ合って暮らしているどこか懐かしい生活が描かれていて、甘酸っぱい気持ちになった。

 そんなささやかな幸せがいつまで続けられるのかというサスペンスだけでなく、会話の端々に、あれ?この家族はいったい?と思わせる謎があるので、ミステリー的な面白さでも物語に引き込まれる。

 家族が解体されていく後半は、呆気なく突き付けられる真実と現実に、家族の特別な時間の魔法が溶けてしまった、という気持ちになった。

 家族の終わりを受け入れ、それぞれのためにどうすることが良いのかを現実的に考え行動する凛とした信代の姿に心を打たれ、あの家族の時間は温かで尊いものだけど、本当に良いものだったのだろうか、と考えさせられた。

 

| 観るサル(映画館篇) | 18:54 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 18:54 | - | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
日菓のしごと 京の和菓子帖
日菓のしごと 京の和菓子帖 (JUGEMレビュー »)
日菓(内田美奈子+杉山早陽子)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE